« 花をどこまで愛でる? | Main | チューリップの芽がのびてきました »

2004.01.30

棟方志巧展

 渋谷Bunkamuraに棟方志巧の展覧会を見にいく。

 今の体力とメンタル状態では、強さに疲れてしまう。
 展覧会を見て作品と向かいあうにも、体力と精神力を要するのだ。でも、明後日までなので、なんとか間にあった。

 奔放に見えて緻密、隙があるように見えて隙がない。見るに力の必要な、地上の力、地上のものを天上に結ぼうとする力の強い作品。空気さえも濃密。それは、作品をなす想いの濃さからなのがわかる。

   紅に笑む板画の天女春間近   翠風

|

« 花をどこまで愛でる? | Main | チューリップの芽がのびてきました »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 棟方志巧展:

« 花をどこまで愛でる? | Main | チューリップの芽がのびてきました »