« 癒し癒しというけれど | Main | 春一番ではないけれど »

2004.02.15

茶香炉でなごみのひととき

chakouro1.JPG

 茶香炉を焚く。しばらくするとお茶の香りがたってくる。

 買ったときに、紅茶はそれだけだと甘い匂いになるからリンゴの皮をまぜるといいとか、バラの花びらとか、ミカンとかでもいい香りになるなどと説明されたけれど、いろいろな香りがついてしまうかも…などと思ったので、まだお茶以外は試していない。
 炎と上皿の距離を考えると、別のお皿を使ってもよさそうなので、そのうち別のものも試してみようっと。

    茶香炉の光静かに早春賦   翠風

|

« 癒し癒しというけれど | Main | 春一番ではないけれど »

Comments

私も『茶香炉』を仕事先の友人にもらって「へえ、こんなのがあるんだ」って、びっくりしました。
アロマオイルとかには興味はあったんですけど、お茶の葉・・・なるほどねって(笑)
いい香りですよね。俳句もほっとした感じが、伝わってきます。
ところで、翠風さんとよく似た事で私も悩んでるんです。
「詩」ありの人の検索って、できないのよね(笑)

Posted by: つきのこ | 2004.02.22 11:26 AM

つきのこ様、はじめまして!
 コメントをどうもありがとうございます。
 茶香炉、かなり気にいっています。お香でもアロマオイルでも、強すぎてしっくりこなかったんですよね。でも、これならほどよく落ち着けます。
 本当に、「詩」ありの人の検索、できませんよねえ。
 似た興味の人のログが見つけやすいように、簡単に登録できる何かがあるといいかもしれませんね。

Posted by: 翠風 | 2004.02.23 06:50 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 茶香炉でなごみのひととき:

« 癒し癒しというけれど | Main | 春一番ではないけれど »