« 冴えからおぼろに | Main | ビル一枚 »

2004.02.26

夜香るもの

 寒がもどったかのような冷たい風から手を隠し、夜道を歩くと、塀の上から梅が香る。加えて、金木犀の香りがするので、どこからだろうと確かめたら、ごく小さな鉢だったのでびっくりした。
 金木犀は小さな花なのに、驚くほど香りが高い。昼間かおっているのもいいけれど、こういう寒い夜は、より澄んだ香りに感じられる。この小さな鉢には、昼だったら気がつかなかったかもしれないな。


    香を流し誰を呼んだか金木犀   翠風

    春浅き静夜にふっと花香る   翠風

    春の宵花の香りに清めらる   翠風

|

« 冴えからおぼろに | Main | ビル一枚 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夜香るもの:

« 冴えからおぼろに | Main | ビル一枚 »