« 可愛くておいしいもの | Main | 紅 »

2004.02.09

のびるのびればのびるとき

 チューリップが、さらにのびてきた。
 一部の植物の成長の早さには、毎年毎年の繰り返しでわかってはいても、まったく驚かされてしまう。
 チューリップも、春までに、あれだけの長さになって、ぽっかりと花をつけるわけで、一日何ミリとか何センチとか、太陽とか風とか以外の誰も見ていなかろうがなんだろうが、伸び続けている。けなげというかなんというか、すごいなあ。
 日当たりも悪くてかわいそうだけど、がんばれ。

 そういえば、切花の菜の花も、根がなくても、まったく陽がささなくても、ぐんぐんのびる。
 すごい。まったくすごい。


    新芽らにのびよのびよと春の風   翠風

    生命の輪つなぎて今年も新芽吹く   翠風


    思い切り背伸びを始めるチューリップ
          冬に伸ばしし根あればこその   翠風


 人も、一緒だね。心だって。
 疲れたら休もう。
 何もせずに休んで根をのばす時期が必要なのを忘れて、無理しない無理しない。
 そして、のびたくなったら、思いっきりね。
 成長も休息も、がまんしない。

|

« 可愛くておいしいもの | Main | 紅 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference のびるのびればのびるとき:

« 可愛くておいしいもの | Main | 紅 »