« 咲いてみりゃ 寒さにたたられ また咲けば 雨の予報だ 花哀しいぞ(翠風) | Main | 枠の中 5音7音 指をおり 楽しいけれど それも悲しみ(翠風) »

2004.04.03

ゆるやかに桜を楽しむ

 今年も桜をつぼみから三分、五分、七分、満開と見て、そろそろ散りはじめ。雨風にたたられ、明日もしひどく降れば、もうおしまいかもしれない。
 桜ほど、記憶を重ねる花というのも珍しい。咲くさま、散るさまの美しさもさることながら、出会いと別れの季節であった4月末から4月はじめという時期、わずか10日弱ほどの見ごろの短さ。そういったものがあいまって、一年一年の桜の記憶が積み重なって、年を経てどんどんと、さらにさらに、見ている側に強い感情をよびさますようになる、そういう花だ。
 よくお年寄りが、「来年はもう見られないかもしれないから…」というのも納得できる。故人との記憶の中にも咲きつづけている花であるがゆえにも、なのだろうなと思う。
 だからこそ桜は、はなやかなにぎわいのあるところで見るのがよさそうだ。思い出で苦しくなってしまいそうだから。

 小石川植物園は、子供がのびのび遊べるほど広く、宴会ができないので、親子づれがたくさんいた。


     笑顔よし花見の親子に孫ひ孫    翠風

     幼子が集めて散らす花ふぶき    翠風

     痛いほど花吹きつける無情風    翠風

     花を見てもの想うまで年経りぬ    翠風

     ひとひらの花にゆずったお茶の缶    翠風

     咲き満ちる前後左右の花迷宮    翠風

     花ただ咲け年年歳歳など言わず    翠風


|

« 咲いてみりゃ 寒さにたたられ また咲けば 雨の予報だ 花哀しいぞ(翠風) | Main | 枠の中 5音7音 指をおり 楽しいけれど それも悲しみ(翠風) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゆるやかに桜を楽しむ:

« 咲いてみりゃ 寒さにたたられ また咲けば 雨の予報だ 花哀しいぞ(翠風) | Main | 枠の中 5音7音 指をおり 楽しいけれど それも悲しみ(翠風) »