« 時代というもの | Main | 目立つような目立たないような »

2004.04.18

チューリップ

 チューリップが花ざかりになった。
 昼はいやというほど開くのに、夜はしっかり閉じている。
 起こさないように電灯を消しておこうかと思うぐらい、ぐっすりとよく眠っている。

 小学校のときの花壇に、チューリップが植えられていた。
 育てやすい、一年生の花。
 一年生の子供。昼は元気にかけまわり、夜は無防備にぐっすり。
 そんなチューリップ。

 冬は地面の下でゆっくり力をつけて、春にここぞと命を輝かせる。
 生命の輪がごく身近にあることを実感させてくれる。
 そんなチューリップ。

 来年も植えよう。再来年も、その次の年も。


      過去未来ロンドを踊れチューリップ   翠風

|

« 時代というもの | Main | 目立つような目立たないような »

Comments

こんにちは!
チューリップって、夜はしっかり閉じているんですね。
私、知りませんでした。
チューリップってシンプルだけど、きらきらと輝く生命力を感じますよね。
見ていると不思議と「ああ、大丈夫」と勇気づけられたりして、私、好きな花です。

これからもよろしくお願いします。
では、また。

Posted by: chiiko | 2004.04.19 08:09 AM

chiikoさん、こんにちは!

 コメントをどうもありがとうございます。
 チューリップって、確かに、勇気づけられるような力に満ちていますね。
 桜にしっかり春をバトンタッチしてもらって、元気に新緑へ渡すようで、見ていて嬉しくなります。

 これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: 翠風 | 2004.04.20 06:49 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference チューリップ:

« 時代というもの | Main | 目立つような目立たないような »