« 花のある喜び | Main | 関心ということ »

2004.04.29

初夏に傾く

 ずいぶんと暑くなったなかを出歩いたのもあって、気持ちもだいぶ夏めいた。
 空も、おぼろであった春のものから、湿度が減った。
 散歩の途中でアオスジアゲハがひらひらしていた。舞うのを追って上空を見あげれば、半月よりやや太めの月があった。その月にさえ、初夏のさわやかさのいくばくかが宿っていた。
 うす青い蝶と、うす青い空と、うす青い月と。それらは確かにもう、春のものではなかった。
 しだいしだいに移っていく季節に反応して、心もしだいに移っていくのを実感する。


      うす青き蝶の変じて初夏の月   翠風

|

« 花のある喜び | Main | 関心ということ »

Comments

こんにちは!
私も月はよく見ます。
「半月よりやや太めの月」っていいですよね。
特に最近は、おっしゃるように初夏が宿っているなと感じます。
翠風さんは初夏が好きですか。
私は初夏が大好きです。
特に風薫る五月が。

では、また。

Posted by: chiiko | 2004.04.30 07:24 AM

chiiko さん、こんにちは!

 私も風香る五月が大好きです。
 花から移って緑がほどよく、よい気候の日が続いて、風はさわやか。一年で一番、風の似合う、素敵な時期だなと思います。

Posted by: 翠風 | 2004.05.08 06:16 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初夏に傾く:

« 花のある喜び | Main | 関心ということ »