« 来年ね | Main | わからない »

2004.11.02

新潟県中越地震小千谷市の被災者が求めているもの

「そえっちのつぶやき」に「新潟県中越地震_現地の声より」
http://nana-mina-mama.tea-nifty.com/noriechan/2004/10/post_35.html
という記事があった。募金はしたけれど、本当に必要なものをプレゼントすることができるなら…大変そうな現地の人たちにマイクをつきつけるだけなら、マスコミなんて必要ない。こういう情報こそ、もっともっと伝えるべき、伝えられるべきだと思う。

 以下、要約してメモしてみた。

 とりあえず、小千谷市の被災者が求めているものは、「大人用紙オムツ」(子供用は足りている)。「パンティライナー」、「貼るタイプのカイロ」。

 個人で送る場合は、仕分けをする人手がないので、段ボールの外側に「毛布」「洋服」「下着」など、中身を大きく書く。少量でもOKだが、できれば近所で声をかけあうなどして、少しまとめたほうがベター。

 送り先の住所は
 〒947-8501 新潟県小千谷市城内2-7-5 小千谷市役所あて 

 少しでも役に立てればいいのだけれど。


 こういう品物を送るとき、心に決めていることがある。自分で今、十分に心地よく使えると思うものしか送らないということ。絶対に、古着や不用品は送らない。以前の使い残りなども送らない。

 カイロにしろ、紙オムツにしろ、パンティライナーにしろ、箱ごと店に仕入れてもらって、できれば数箱送って、不公平なく配れるように配慮すること。
 援助としては、義捐金を出す方が、ずっと簡単だ。

|

« 来年ね | Main | わからない »

Comments

初めまして。こんにちは。
トラックバックありがとうございました。

こういう情報がいち早く届く世の中になってほしいですね。

Posted by: そえっち | 2004.11.03 12:56 AM

そえっちさん、はじめまして、こんにちは!

 こういう情報には、気になる点もあるんです。
 今現在は本当のところどうなのか?という点です。
 そえっちさんのブログに転載される前の情報、ということは数日前の情報で、今もその状態が続いているのかどうか。

小千谷市のホームページでは、救援物資について在庫管理中と書かれています。
http://www.city.ojiya.niigata.jp/whatsnew/jishin04.html">http://www.city.ojiya.niigata.jp/whatsnew/jishin04.html
 もう必要な分は足りたのでしょうか? 個人の言葉と市の公式な言葉、どちらもそれぞれに重いので。

 本当に、必要なときに必要なものを届けるのは難しいな、とつくづく思います。

Posted by: 翠風 | 2004.11.03 04:20 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新潟県中越地震小千谷市の被災者が求めているもの:

« 来年ね | Main | わからない »