« 自然の力が身にしみた一年も残すところわずか | Main | 年明け »

2004.12.30

新春を待つ気持ち

 あと数十時間で新春となる。
 古来より人は、途切れることのない時に区切りをつけて、新たな時のはじまりを定め、新たな生命力を引き出してきた。偉大な知恵だ。
 たくさんのものを終わらせ、新たに始めよう。
 新しい時に、新しい命として生きはじめよう。
 そんな願いを込めて新春を待つ。

 そして、もうひとつ。
 来年は、穏やかな一年であるように願わずにいられない。

|

« 自然の力が身にしみた一年も残すところわずか | Main | 年明け »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新春を待つ気持ち:

« 自然の力が身にしみた一年も残すところわずか | Main | 年明け »