« 早いこと早いこと | Main | 小梅感慨 »

2005.02.21

小梅の微笑み

 あいかわらず、荷物が片付かなくて、他にすることも次々出てきて、梅を見にいくことができないでいる。

 小さな梅は、まだ満開にならない。つぼみが日々、光を吸って微笑むようにふくらんでいく。
 湯島はそろそろいいころかもしれないと思うけれども、遅いとか早いとか比較することに意味はない。

 小さな梅は、春のさきがけの光を懸命にとらえて咲く感じがしていい。


   小梅笑む忙を唱える我も笑む   翠風

|

« 早いこと早いこと | Main | 小梅感慨 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小梅の微笑み:

« 早いこと早いこと | Main | 小梅感慨 »