« 2005年4月7日の不忍池と上野公園の桜 | Main | 桜の名残り »

2005.04.08

2005年4月8日の千鳥ヶ淵の桜

 2005年4月8日の千鳥ヶ淵の桜は、こぼれるほどの満開、見ごろです。
 大混雑しています。
 今日は、日大の入学式だったらしく、駅から出るあたりが特にごった返していました。

 千鳥ヶ淵は、一方に向かって歩いてながめて、歩いて戻ることになるので、ある程度歩けないと人の流れについていけません。そのせいか、子供は少なく、また、宴席禁止のため、大騒ぎもありません。

 一本、一本が大樹であり、お堀の両脇に枝をのばして並ぶ姿は圧巻です。
 大樹はいいのですが、現在、寿命が問題となっており、再生のために募金活動もされています。
 美しい姿を維持しつづけるのは、大変なようです。

 お堀にはボートも出ています。
 定年後と思われる老夫婦がボートに乗っているのを見ると、重ねてきた歳月とそれを彩ったであろう桜への思いが重なって、そして今の幸せがあるようで、ほほえましいような、うらやましいような、言葉にできないじわりとした思いがあふれてきます。


   歳月を重ねて再の春ボート   翠風

|

« 2005年4月7日の不忍池と上野公園の桜 | Main | 桜の名残り »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2005年4月8日の千鳥ヶ淵の桜:

« 2005年4月7日の不忍池と上野公園の桜 | Main | 桜の名残り »