« 2005年4月8日の千鳥ヶ淵の桜 | Main | 2005年4月16日の根津神社のつつじ »

2005.04.14

桜の名残り

 道を歩くと、あっという間にあちこちでチューリップが花開き始めているのが目につくようになりました。

 今日は、不忍池に名残の桜を見に行きました。
 ソメイヨシノはわずかに残っているばかり、山桜が一輪一輪が大きくて八重の花をつけ始めています。
 柳がきれいで、初夏を感じさせる日差しでした。
 これから、ぐんぐんと緑は濃さを増し、多少の戻りはあっても夏へと向かっていくことでしょう。

 2005年の桜は短かったけれど、一気にいっせいに花開いたので、とてもみごとでした。

 散るころには、花びらばかりでなく、さまざまなものが雨のように降ってきます。
 ひとまわりしたら、ずいぶんと髪に名残が残っていました。


    降る蘂の名残の桜髪を梳く   翠風

|

« 2005年4月8日の千鳥ヶ淵の桜 | Main | 2005年4月16日の根津神社のつつじ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 桜の名残り:

« 2005年4月8日の千鳥ヶ淵の桜 | Main | 2005年4月16日の根津神社のつつじ »