« 芽ぶくまで | Main | 卯月曇 »

2005.05.11

遠い空

 治す方法のない病気の人を、遠方までお見舞いに行った。
 家族が明るかったので、逆に励まされた。

 帰ってきても、まだ芽は出ていなかった。
 いつになるのだろう? まだまだ? もうすぐ? それとも…?

 とても過ごしやすい、出かけるのに最適な季節。命が生き生きと賛歌をうたう季節。
 桜もそうだけれど、この季節も、迎えることができたとしても、あと何十度。

 命も、輝きも、すべては風のようなもの。
 世界は、ただただ美しい。


   ただ満ちよ若葉芽ぶかせ生命生命   翠風

|

« 芽ぶくまで | Main | 卯月曇 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遠い空:

« 芽ぶくまで | Main | 卯月曇 »