« 卯月曇 | Main | ひねもすのお休み »

2005.05.14

神田祭(神幸祭)

namazuisi
 神田祭の神幸祭に行ってみた。
 初めてのことで、駅を降りても人ごみがあるでなし、パレードがどこを歩いているのかわからない。
 しばらく通過しそうな位置で待っていると、順番に姿を見せた。
 沿道から見物する人も、どこからともなく増えて、それなりに人垣ができる。

 動物のかざりのある山車あり、巫女さんや宮司さんあり、馬に乗った武者姿の人あり、獅子や演芸あり、パレードと別に町内会で出す御神輿あり、みなそれぞれにお祭りを楽しんでいるようだったが、距離を歩いて疲れているのもはっきりとわかった。それもそのはずで、1日30キロも歩くらしい。夕方ともなれば、へとへとだろう。
 パレードの後ろの方には、今年、215年ぶりに復活したという、空気を入れた大ナマズと鎮め石をかたどった山車「大鯰と要石」が子供たちに引かれて登場。大人気だった。

|

« 卯月曇 | Main | ひねもすのお休み »

Comments

トラックバックありがとうございます。
私も初めての神田祭でしたが楽しめました。三社祭とは違った趣きがありますね。ビニールのウナギはちょっと驚きました。

Posted by: dktalk | 2005.05.15 12:32 AM

TBどうもです。
写真、以前住んでた所の近くだし、よく通ってた歯医者さん前だったので、懐かしかったです(っていっても、今もわりと近所なのですが・・・)。

一本しか歯のない高下駄で歩いてた天狗さん、長距離歩いて結構大変だったかも。

こちらからもTBさせていただきました。
こちらのエントリーを読んだのが、早く書くきっかけになりましたので。どうもありがとうございます。

Posted by: きのこ | 2005.05.15 03:55 AM

この度は、TBありがとうございました。
「大鯰と要石」の山車、見れたんですね!
羨ましいです。。。。
担ぎ手として参加すると、こういうものが見れないのがとっても残念。
鳳輦の行列が目の前を通ったときは、何とも言えず神秘的なものを感じました。
その時は頭に巻いた手拭をとって、行列を迎えるんです。(脱帽と一緒ですね)
違う形でお祭に参加をして、また違った面で江戸文化に触れられた気がします。

Posted by: くりりん | 2005.05.15 11:20 PM

dktalk様、きのこ様、くりりん様、コメントをどうもありがとうございます。

 ナマズ、どうやら中に自動車が入っているみたいですね。張りぼての牛も、面白かったし。(馬は本物なのに牛は出ない…)

 参加のしかたはいろいろでも、お祭りは楽しめるだけ楽しまないと、せっかくですものね。

 次は三社祭。
 それから、ちょっと趣きが違いますが、あじさいまつりも楽しみです。

Posted by: 翠風 | 2005.05.16 10:06 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神田祭(神幸祭):

» 神田祭 [きまぐれダイアリ~]
今日も御神輿を担ぐ。  神酒所にて、町内の神輿。昨日と比べると規模が全然違う。そりゃそうだよね、今日が本祭なんだもん。午後からは薬研堀商店街へ馬喰町、橘町、横山町、東日本橋、両国と5基の神輿がそれぞれ集まるんだけど、ここが今日の山場。鳳輦(ほうれん)行列も通り、何だか有り難い気持になったし、厄も払ってもらえた気もするわ(笑)薬研堀不動尊前に神輿が来た時、高々と担ぎ上げる場面がある。そんなときは声も高々になり、何とも言えない気持に駆られたなぁ~その後連合役員からの挨拶があり、一本〆で解散してからそれぞ... [Read More]

Tracked on 2005.05.14 10:03 PM

» 神田祭 神幸祭 を見る [Tea time diary]
今日(5/14(土))は、「神田祭 神幸祭 (しんこうさい)」の巡行を見にいきま [Read More]

Tracked on 2005.05.15 02:53 AM

« 卯月曇 | Main | ひねもすのお休み »