« 2005年6月6日の白山神社のあじさい | Main | 梅雨に入ったと思ったら »

2005.06.07

病院のにおい

 病院の匂いは、クレゾールの匂いだ。昔ほどは強くなくなったけれど、それでも、多かれ少なかれ、あの、鼻につんとくるにおいがする。

 今日、病院に行ったわけではないけれど、その匂いをかいだので、思いだした。

 普通に健康に暮らしているので、風邪をひいたときの医院はともかく、病院にいくのは、かなり特別なときだけだ。

 入院の末、丁度この時期になくなった肉親のことを、あれこれ思い出した。
 匂いもまた、記憶をいろいろと引き出す力を持っている。

 幸せな思い出もたくさんあって、最期もあって、その先の記憶もある。
 それが、生きているということなのだろう。

 ありがとう。

|

« 2005年6月6日の白山神社のあじさい | Main | 梅雨に入ったと思ったら »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 病院のにおい:

« 2005年6月6日の白山神社のあじさい | Main | 梅雨に入ったと思ったら »