« 寒波到来 | Main | 晴れやかになりきれないお正月 »

2005.12.27

幸せということ

 ときどき、幸せというものについて、考えることがある。

 せっかくの光のシーズンに、風邪をひいて、どこにもいけなかったけれども、いる場所があり、手足をあたためるものがあり、キャンドルをともせる。これは幸せといえないだろうか?
 ささやかなものが積まれて、大きなものになるように、日々のささやかな輝きが、私にもあなたにも、すべての人にも、やさしくそうありますように。

 特定の信仰など持たないけれども、そんな祈りをささげたくなることはある。
 がんばりすぎなくていい。自分を、すべてを、やさしく抱きしめることが、そんなささやかな輝きの源になるだろう。


    めぐる世に幸満ちよと我祈るあるようにあれ日はまた昇る   翠風

|

« 寒波到来 | Main | 晴れやかになりきれないお正月 »

Comments

新年あけましておめでとうございます。

今年も良い年になりますように!
私もなんとか元気に致しております。

偶には苺にもお寄り下さいね!

Posted by: みちる | 2006.01.03 06:01 PM

あけましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願いいたします。
 苺のほうも、そのうち、のぞきにいきますね。

Posted by: 翠風 | 2006.01.05 12:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幸せということ:

« 寒波到来 | Main | 晴れやかになりきれないお正月 »