« 五糧液 | Main | 春の足音 »

2006.01.22

東京の雪

 昨夜、くるぶしまで埋まるほどの雪が降った。
 めったに降らないだけに、いつもの風景が見慣れない景色に変わる楽しさに、雪国の人には申し訳ないけれど、それでも心浮かれてしまう。

 子供たちがはしゃいでいる。
 大人は足元に気をつけながら、なるべく出歩くまいとする。

 私は、どちらかというと、出歩きたくなる。

 今は、屋根につもった雪がとけて、ドン、ドンと音をたてて落ちるのを聞きながら、雪解けの山のことなど考えたりする。日常と非日常のあわい。


   傘に積む雪の結晶玉と化す   翠風

   変貌し雪に静まる街である   翠風

|

« 五糧液 | Main | 春の足音 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京の雪:

« 五糧液 | Main | 春の足音 »