2013.05.09

あしかがフラワーパークの藤

 ゴールデンウィークに、あしかがフラワーパークに藤を見に行きました。

 毎年、新聞に折り込みチラシが入って、一度見てみたいものだと思っていたのですが、想像通り、すばらしい藤でした。
 一本の木からのびる枝の広がり、下がる花房の長さ、そして、何より想像以上にすばらしかったのは、藤棚の下で立ち止まったときの、あたりをふわりと包み込む香り。

 藤ばかりでなく、つつじやシャクナゲもみごとで、花の海を堪能できました。

 まだまだ枝が伸びそうな藤も多く、これから年を経るごとに、さらに庭園が整っていくのだろうなと期待も持てました。

 植物の持つ力に、人間が手を入れ、丹精して作り上げる美。


   夢歩む藤の香りに包まれて   翠風
   ただ一樹天を支えて藤の棚   翠風

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.04.01

2013年4月1日の上野と不忍池の桜

 2013年4月1日の上野の桜は、すでに6、7分が散り、枝には3分ほど。
 はらはらと花びらがこぼれ、名残りの桜を楽しめます。

 不忍池のほうがやや桜の残りが多く、柳の緑が初々しく、キンクロハジロ、カモメ、ユリカモメ、カワウなどの鳥がたくさん見られました。


   今年もまた桜にそぞろの上野かな    翠風

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さくらあんみつ(上野みはし)

 上野に桜を見に行ったついでに、お気に入りの店のひとつである「みはし」に寄ったら、「さくらあんみつ」という期間限定メニューがあったので食べてみました。
 桜の塩漬けが入っているらしい、ほんのりと桜色でふわりと香る桜アイスの乗ったあんみつでした。
 春の気持ちにぴったりで、とてもおいしくいただけました。

 ちなみに、「みはし」、あんこはこしあんですが、つぶあんに変えてもらうこともできます。


   頬染めるようにさくらの馳走かな     翠風

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.16

2006年4月15日根津神社のつつじ

 2006年4月15日根津神社のつつじはもう一声です。
 つつじまつりをやっていて、屋台が出ていたり土日だと出し物を見ることができます。来週ぐらいが見ごろでしょうか。

 あいかわらず、池に亀がたくさんいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.29

2006年3月29日の上野の桜

 2006年3月29日の上野の桜は、ほぼ満開、見ごろです。
 不忍池周辺は、あと一歩で満開。十分に見ごろです。
 天気がちょっとといわれているようなので、お早めに。

 新種の鳥発見? 不忍池に、黄色い白鳥が!


   花の終まではとハジロの飛び去らず   翠風

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.14

2005年6月14日の白山神社のあじさい

 2005年6月14日の白山神社のあじさいは、見ごろです。

 去年が非常によく咲いたので、今年はやや花は少なめです。

 確実に2年に一度なのかはよくわかりませんが、よく咲いた年の翌年は少々花の付きが悪いのは確かなようです。

 とはいえ、境内にあじさい富士などもつくられており、裏の山も開放され、楽しめます。
 今日も、たくさんの人がカメラを手に楽しんでいました。

 裏にある公園では、サルまわしも開催されており、昼間でしたら、お茶のサービスなどもあります。


   その年の色を重ねてあじさい花   翠風

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.06

2005年6月6日の白山神社のあじさい

 2005年6月6日の白山神社の紫陽花は、一部咲いていて、一部まだ緑のつぼみです。
 もう一週間ほどすると、あじさい祭りが開かれて、神社裏のあじさい山が、年に一度公開されます。
 11日から19日、朝9時から午後5時まで。

 あじさいは丸く花がついているものばかりでなく、外側だけに花がついたもの、丸ではなく細長くのびているものなど、色も、紫、赤紫、白、緑…と、多種多彩です。

 小山の公開の他、土日には境内で各種もよおしなどもあります。

 雨が降ればその風情を、降らなければ梅雨の晴れ間を楽しむ… 
 菜の花に似たつぼみのころから、開き、色づきながら大きくなるのをながめるもよし、品種の多様さをめでるもよし… それぞれに興趣があります。

    
   晴れの日はあでに装うあじさい花   翠風

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.20

三社祭(大行列)

 三社祭(大行列)を見に行った。
sagi1

 最後は雷門のところを通るというので、その近辺で待つと、静かなパトカーに先導されて、お囃子の音も楽しげに、行列が登場。

 通行止めもしないで道路をパレードしたので、車の上から
にょっきりと白鷺のかぶりものが出ているように見えたりするのも面白い。

mon1


 雷門の間をお囃子の人たちが乗った大きな車が通るときは、
大きさがかなりぎりぎりだった。
みしみしゆれて、門から出るときにはゴトンッと落ちる大きな音
がして、迫力があった。

 観客には場所柄、外国人観光客も多く、
修学旅行の学生の姿もある。

 ここぞとばかりに、人力車観光をしませんかと、人力車の
お兄さんたちが、しきりに観光客を誘う姿も見られた。

sagi2

 雷門を通ったあと、仲見世を、白鷺の舞いを見せながら歩くのだが、
報道写真では表から羽を広げたところを撮ったものが多いので、
裏からの写真と、頭を低くしたシーンをアップすることにした。
 なかなかに白鷺らしいと思いませんか?

sagi3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.14

神田祭(神幸祭)

namazuisi
 神田祭の神幸祭に行ってみた。
 初めてのことで、駅を降りても人ごみがあるでなし、パレードがどこを歩いているのかわからない。
 しばらく通過しそうな位置で待っていると、順番に姿を見せた。
 沿道から見物する人も、どこからともなく増えて、それなりに人垣ができる。

 動物のかざりのある山車あり、巫女さんや宮司さんあり、馬に乗った武者姿の人あり、獅子や演芸あり、パレードと別に町内会で出す御神輿あり、みなそれぞれにお祭りを楽しんでいるようだったが、距離を歩いて疲れているのもはっきりとわかった。それもそのはずで、1日30キロも歩くらしい。夕方ともなれば、へとへとだろう。
 パレードの後ろの方には、今年、215年ぶりに復活したという、空気を入れた大ナマズと鎮め石をかたどった山車「大鯰と要石」が子供たちに引かれて登場。大人気だった。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

2005.04.28

2005年4月28日の根津神社のつつじ

050428tutuji
 2005年4月28日、根津神社のつつじは、満開まで、あとわずか。十分に見られます。
 夏を思わせる陽気の中、つつじ園に入園して楽しむ人もたくさんいて、かなりの人出です。


   登っては下って行き交うつつじ園   翠風

   濃く淡く点描重ねてつつじ山   翠風

| | Comments (0) | TrackBack (1)